Florence Hotel Alba Palace situated in the historical centre in the city
English (United Kingdom)Italian - ItalyEspañol(Spanish Formal International)French (Fr)Deutsch (DE-CH-AT)Russian (CIS)Japanese(JP)
 
Florence Hotel Alba Palace
QUICKBOOKING
最適価格を保証します
ご到着日
ご出発日
 

年月日はヨーロッパ式に『日/月/年』と入力ください

SPECIAL OFFERS

****Special offer******
****Special offer******
Spend 3 nights! You offer a DISCOUNT COUPON for Euro 20.00 valid for our minibar, bike hire, or discounts on partner restaurants!
***** Souvenir of Florence *****
***** Souvenir of Florence *****
Treat yourself to a beautiful Souvenir of Florence!

Stay 3 nights and we offer a souvenir of Florence a bottle of Tuscan wine and a scount of 7 %!!!
***Not Refundable Rate***
***Not Refundable Rate***
Not Refundable Rate: 13% discount with immediate payment by credit card.

Cancellation and changes are not allowed, in case of advanced departures the amount of the entire stay will be charged.

***** Celebrate your special occasion at  Hotel Alba Palace!*****
***** Celebrate your special occasion at Hotel Alba Palace!*****
Celebrate your special occasion at Hotel Alba Palace!

We offer a bottle of sparkling wine and a discount of 7% on room rates
Leggi le Recensioni


ピッティ宮
Palazzo Pitti

1400年代後半、ルーカ・ボナッコルソ・ピッティ(Luca Bonaccorso Pitti)がブルネレスキ(Brunelleschi)に、ピッティ宮(Palazzo Pitti)の建設を依頼した。当初、予定されていたのは単なる2階建て建築だったが、何世紀もの間に著しく拡張されていった。
1550年、メディチ家コジモ一世(Cosimo I)の妻であるエレオノーラ・ディ・トレド大公妃(Eleonora di Toledo)が同邸を購入。家族の居邸とするため、バルトロメオ・アンマンナーティ(Bartolomeo Ammannati)に回廊付きの中庭と大窓の建設を、また、ニッコロー・トリボロ(Niccolò Tribolo)にはピッティ宮の庭を任せた。この庭の名前はボボリの丘に由来している。
1565年、ジョルジョ・ヴァザーリ(Giorgio Vasari)が高架式の『ヴァザーリ回廊("Corridoio Vasariano)』を築き、シニョリーア宮(Palazzo della Signoria)からポンテ・ヴェッキオ(Ponte Vecchio)やウッフィツィ(Uffizi)を越え、アルノ川対岸にあるピッティ宮まで繋げられた。
1558〜1570年、アンマンナーティにより大階段が造られ、また、同邸の後翼が庭に向かって増築される。庭園内にはやはりアンマンナーティの手による見事な洞窟が造られた。作者の名が付けられたこの洞窟は、華麗な装飾が施された3空間から成っている。
1618年、アンマンナーティの甥ジュリオ・ダ・パリッジ(Giulio da Parigi)が主要翼の増築を手掛ける。最終的にはフェルディナンド2世大公(il granduca Ferdinando II)がヴィットリア・デッラ・ロヴェーレ(Vittoria della Rovere)との婚礼を挙げる際、複数のアーティストに同宮を本物の居城に仕上げるよう命じた。
1700年代末、ピエトロ・レオボルド(Pietro Leopoldo)の命によりネオクラシック様式のメリディアーナ小宮(Palazzina della Meridiana)と、ピッティ広場(Piazza dei Pitti)に伸びる『ロンドー(rondò)』と言う名の2翼が設計され、これらがピッティ宮に加えられた最後の増築となった。
建物内にあるパラティーナ美術館(Galleria Palatina)には、ティツィアーノ(Tiziano)やラッファエッロ(Raffaello)、ティントレット(Tintoretto)、カラヴァッジョ(Caravaggio)、ボッティチェッリ(Botticelli)、ペルジーノ(Perugino)、カノーヴァ(Canova)、ルーベンス(Rubens)等の作品が見られる。
近代美術館(Galleria d'Arte moderna)の方では19〜20世紀のイタリア絵画の変遷が鑑賞でき、マッキアイオーリ・コレクション(raccolta di Macchiaioli)が充実している。
現在、ピッティ宮には各種美術館が置かれており、そこでは当時のままの絢爛豪華な雰囲気を味わう事ができる。
銀器美術館(Museo degli argenti)には貴金属製品や象牙、クリスタル製品等が収められている。
メリディアーナ小宮内には衣装博物館(Museo dei costumi)が置かれ、また、コンティーニ・ボナコッシコレクション(Collezione Contini Bonacossi)のゴヤ(Goya)、ヴェロネーゼ(Veronese)、ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ(Duccio di Boninsegna)等の作品も見られる。
ピッティ宮にはこの他にも、ボボリ庭園内に陶器博物館(Museo delle Porcellane)や馬車博物館(Museo delle Carrozze)等が置かれている。


 
Florence Hotel Alba Palace Via della Scala, 22/38r · 50123 Florence
Tel. +39 055.282.610 · Fax +39 055.288.358 · E-mail: info@hotelalbafirenze.it
P.Iva 01963120488 Friendly links