Florence Hotel Alba Palace situated in the historical centre in the city
English (United Kingdom)Italian - ItalyEspañol(Spanish Formal International)French (Fr)Deutsch (DE-CH-AT)Russian (CIS)Japanese(JP)
 
Florence Hotel Alba Palace
QUICKBOOKING
最適価格を保証します
ご到着日
ご出発日
 

年月日はヨーロッパ式に『日/月/年』と入力ください

SPECIAL OFFERS

****Special offer******
****Special offer******
Spend 3 nights! You offer a DISCOUNT COUPON for Euro 20.00 valid for our minibar, bike hire, or discounts on partner restaurants!
***** Souvenir of Florence *****
***** Souvenir of Florence *****
Treat yourself to a beautiful Souvenir of Florence!

Stay 3 nights and we offer a souvenir of Florence a bottle of Tuscan wine and a scount of 7 %!!!
***Not Refundable Rate***
***Not Refundable Rate***
Not Refundable Rate: 13% discount with immediate payment by credit card.

Cancellation and changes are not allowed, in case of advanced departures the amount of the entire stay will be charged.

***** Celebrate your special occasion at  Hotel Alba Palace!*****
***** Celebrate your special occasion at Hotel Alba Palace!*****
Celebrate your special occasion at Hotel Alba Palace!

We offer a bottle of sparkling wine and a discount of 7% on room rates
Leggi le Recensioni


フィレンツェのドゥオーモ

Florence Dome

荘厳なゴシック様式のフィレンツェのドゥオーモ(Duomo di Firenze)は、サンタ・マリア・デル・フィオーレに献堂された。13世紀末、アルノルフォ・ディ・カンビオ(Arnolfo di Cambio)により設計されたもので、この時期最大規模の建造物の1つである。
1367年頃に完成。唯一、未完成だったファサードは19世紀末に仕上げられた。
現在、称賛されている同建設には、何世紀にも渡り多数の芸術家が携わっている。
11世紀中頃までフィレンツェのドゥオーモはサンタ・ジョバンニ教会(basilica di San Giovanni)だったが、その後、サンタ・レパラータ大聖堂(cattedrale di Santa Reparata)が母教会となった。
1293年頃に同大聖堂が倒壊し、フィレンツェ市民らはサンタ・レパラータ大聖堂の土台に、更に大規模なものを建設する事とした。このため全市民は遺言状に新ドゥオーモ建築費用に遺産の一部を充てるよう書く事が義務づけられた。
ディ・カンビオは、3廊が主祭壇へと続き、かつてないほど巨大なレンガ造りのクーポラ(ブルネレスキのクーポラ)を有する教会を考案した。ドゥオーモ内部にはジョルジョ・ヴァザーリ(Giorgio Vasari)やフェデリコ・ズッカリ(Federico Zuccari)によって描かれた3,600平方メートルものフレスコ画が見られる。
1302年にディ・カンビオが逝去したため、1337年までジョット(Giotto)により工事が続けられた。1357年にはフランチェスコ・タレンティ(Francesco Talenti)が取って代わり、1420年にはブルネレスキ(Brunelleschi)がクーポラ制作を担当した。
1412年、名称がサンタ・マリア・デル・フィオーレとされる。ブルネレスキのクーポラ建設が完了し、1436年3月25日に献堂式が行なわれた。同建物施設はラテン十字の平面を持ち、完成までに140年を要し、ファサードのみが後年かなり経ってから仕上げられた。
ドゥオーモ内部は開けた作りで、フィレンツェ中世期およびルネサンス初期の簡素を理想とする精神に合致する。
ブルネレスキが手掛けたルネサンス様式のクーポラは外殻と内壁の2重構造になっている。
後に2つの聖具室、大理石張りの床、パオロ・ウッチェッロ(Paolo Uccello)やアンドレア・デル・カスターニョ(Andrea del Castagno)が加えれていき、フィッレンツェのドゥオーモ史を増々豊かなものにした。
聖具室の扉のルネットはルーカ・デッラ・ロッビア(Luca della Robbia)作。後陣の礼拝堂内にはミケランジェロ(Michelangelo)によるキリスト降架図(Deposizione)がある。
ドゥオーモ地下の考古学ゾーンでは、サンタ・レパラータ聖堂の遺跡を見る事ができる。
1434〜1445年にはドナテッロ(Donatello)やパオロ・ウッチェッロ等により見事なステンドグラスが制作された。
1586年、メディチ家のフランチェスコ大公(Granduca Francesco)が新ファサードの制作を決意。また、ディ・カンビオ作と見られる多数の彫刻が見つかり、ドゥオーモ付属美術館に移された。


 
Florence Hotel Alba Palace Via della Scala, 22/38r · 50123 Florence
Tel. +39 055.282.610 · Fax +39 055.288.358 · E-mail: info@hotelalbafirenze.it
P.Iva 01963120488 Friendly links