Florence Hotel Alba Palace situated in the historical centre in the city
English (United Kingdom)Italian - ItalyEspañol(Spanish Formal International)French (Fr)Deutsch (DE-CH-AT)Russian (CIS)Japanese(JP)
 
Florence Hotel Alba Palace
QUICKBOOKING
最適価格を保証します
ご到着日
ご出発日
 

年月日はヨーロッパ式に『日/月/年』と入力ください

SPECIAL OFFERS

****Special offer******
****Special offer******
Spend 3 nights! You offer a DISCOUNT COUPON for Euro 20.00 valid for our minibar, bike hire, or discounts on partner restaurants!
***** Souvenir of Florence *****
***** Souvenir of Florence *****
Treat yourself to a beautiful Souvenir of Florence!

Stay 3 nights and we offer a souvenir of Florence a bottle of Tuscan wine and a scount of 7 %!!!
***Not Refundable Rate***
***Not Refundable Rate***
Not Refundable Rate: 13% discount with immediate payment by credit card.

Cancellation and changes are not allowed, in case of advanced departures the amount of the entire stay will be charged.

***** Celebrate your special occasion at  Hotel Alba Palace!*****
***** Celebrate your special occasion at Hotel Alba Palace!*****
Celebrate your special occasion at Hotel Alba Palace!

We offer a bottle of sparkling wine and a discount of 7% on room rates
Leggi le Recensioni


サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

Santa Maria Novella

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会
1246年、2人のドメニコ修道士により現在の施設建設が着手され、その後、修道士ヤコポ・タレンティ・ダ・ニポッツァーノ(Jacopo Talenti da Nipozzano)による鐘楼と聖具室が加えられ、1360年に完成した。
ファサードはその美しさ、歴史の深さからフィレンツェでも一、二を争うもの。14世紀に着手され、1450年頃にルチェッライ家(Ruccellai)の依頼でレオン・バッティスタ・アルベルティ(Battista Alberti)により引き継がれた。
1565〜1571年には、ジョルジョ・ヴァザーリ(Giorgio Vasari)が、聖歌隊席の柵の撤去やゴシック様式窓の簡素化を手掛けた。
同教会が建つ広場の名もサンタ・マリア・ノヴェッラ(Santa Maria Novella)と言い、中世期には祭りや馬上試合、多くの見せ物が催されていた。
アルベルティはルネサンスの傑作である同建築に、2色の大理石によるコーティングやブラインドアーチ等、フィレンツェ・ロマネスク様式の要素を再び取り入れた。

同教会内には多数の芸術作品が展示されている。内部はラテン十字式で、アーチ付き支柱と交差ボールトにより3廊に仕切られている。
1572年、天文学に造詣の深かったメディチ家のコジモ1世(Cosimo I)により、ファサード両脇に天文学用の器具が飾られた。
左側廊の3つ目のスパンには『聖三位一体( Trinità )、マリア、絵画献納者』が描かれたマサッチョ(Masaccio)の有名なフレスコ画(1427年頃作)が見られる。

ゴンディ家礼拝堂(Cappella Gondi)にはブルネレスキ(Brunelleschi)作の磔刑像が展示されている。
若き日のジョット(Giotto)作の磔刑図や、後陣壁面にはドメニコ・ギルランダイオ(Domenico Ghirlandaio)作のフレスコ画群があり、1485〜149年に若きミケランジェロ(Michelangelo)の手を借りて制作された。
同教会の特徴の1つとして見事な回廊付き中庭が挙げられ、ファサード左側の扉より続いている。
14世紀に作られたヴェルデ回廊(Chiostro Verde)ではパオロ・ウッチェッロ(Paolo Uccello)作のフレスコ画が見られる。回廊北側には修道院の僧会堂が開けている。これはヤコポ・タレンティによって1350年頃以降に建てられたもので、カッペローネ・デッリ・スパニョーリ(Cappellone degli Spagnoli)の名が付いている。

僧会堂内は1367〜1369年、アンドレア・ディ・ボナユート(Andrea di Buonaiuto)によりフレスコ画が描かれた。
同会堂裏手には、14世紀のフレスコ画が見られるモルティ回廊(Chiostrino dei Morti)がある。


 
Florence Hotel Alba Palace Via della Scala, 22/38r · 50123 Florence
Tel. +39 055.282.610 · Fax +39 055.288.358 · E-mail: info@hotelalbafirenze.it
P.Iva 01963120488 Friendly links